2020年07月28日

虎の足

まだ時間があるので続きをば。最近感じるだらりとした重さは、よくテレビで見かける野生の虎とか、大型の猫科の動物の足と体幹部のでかさと重さとしなやかさだ。虎以上熊未満。

一人稽古やレッスンで感じるだけなので、まだ対人でこの重さを使いこなせていないのもわかる。対人になるともう少し体がカッチリしてしまう。微妙な力みのせいです。

この野生の虎の重さのまま組手やら対練ができたら、打撃にも崩しにも重さがかなり乗ってくる。今年中になれるか、まだ何年かかかるかなあ〜

楽しみな子虎です。にゃあ〜
posted by ゆりか at 13:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: