2020年07月29日

内家三拳の下半身

内家三拳の下半身の感覚を例えてみたくなった。昨晩代表からようやくOKをもらった形意拳の進歩・退歩崩拳の歩法は、強力なゴムでできたロングのタイトスカートをはいて二本の足が一体となったように感じる。強い求心力と膨張力、一体感・爆発力、そんな感じ。

太極拳は車椅子か、スケボーに乗っているような感じ。重さがドーンと進行方向へ加わり車で言うところのスタビライザーが効いて超安定している。

八卦掌はあらゆる方向に回転変化する車輪のよう。車輪の比喩は太極拳に用いられるが、私の感覚では両輪または四輪の車輪が太極拳で、極太の高性能一輪車のタイヤが八卦。直進・螺旋・前進・後退全ての方向へいつでも駆動可能。

で、空体道にはこの全ての歩法が含まれている。含まれてはいるが、よりシンプルになっている。全ての歩法のエッセンスがあり、一体感、
安定、変化が一度に実現する体を養うのだ。私の場合、その一辺がバランス悪く欠けていたように思う。昨晩の感じが定着すれば、これからそこが改善するはず。

おしっ。10年ごしでわかったぞっ。
posted by ゆりか at 17:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: