2020年07月31日

こう、ではなく

体にも気持ちにも言えることだが、力みは固定を生むので、本来変化に富む様々な外的刺激への反応を定まったものにしてしまう。強い蹴りや打撃は「こう」反応する、投げには「こう」いう受け身をとる、抵抗の強い相手には「こう」対応する、苦手なやつには「こう」いう態度をとる、他。定まった条件付けの「こう」が多いほど変化しないので成長できない。成長できないと全ては虚しい繰り返しに感じるので、退屈な気持ちになりやすい。

何事も定めず常に変化し対応する心身が望ましいし、そうなれば毎日が、毎秒がいかに新鮮かを痛感する。ああまた新しい一秒がきた(о´∀`о)ノああまた新しい打撃がきた(о´∀`о)ノ投げがきた(о´∀`о)ノ新しい動きで相手に触れた(о´∀`о)ノ

の連続が成長を生む。本日レッスンも新鮮に向き合おう。

あたしキャンディ!投げ縄と木登りが得意なの!ウフフフ!←アニメ『キャンディ・キャンディ』カセットテープより。幼少のみぎり、テープがすりきれるまで聞いて真似をしていました。
posted by ゆりか at 09:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: