2020年08月27日

スカスカとミチミチ

昨晩の自主練習(自由舞)映像を確認した。努力の方向性は間違いないが、代表と似てるのはほんのわずか。先週より改善はしているが、見比べると密度の違いが明らか。備わる重さの桁の違いがそのまま出ている。比べるとスカスカ。

スカスカだからこそ、これからミチミチに向かえるのです。力みのミチミチを経て、ゆっくり消し去る作業を経てのようやくのスカスカ。これからまた人生をかけてスポンジが水を吸うがごとく満ちて行くはず。そのためになにをするか、これまでと何も変わりません。脱力とまっすぐ。

よおおーし!( ・∀・)ノ

ちなみにこの代表のミチミチ密度というのは、うまく表現できないが体内を内側から支える力のように感じる。筋力も勿論だが、それだけでは説明できない何かが猛烈に代表の体内を支えている。これは稽古の積み重ねでしか身に付かないもの。多分これに体を委ねているからより安心して力が抜けるのだろうなと予測する。私にも最近ほんのすこし生まれてきたからそう予想する。まだ生まれたてだし少ないんですけどね。これがミチミチになると体格や性別や年齢を一旦超越する段階に入るはずだ。そこから先は命が間に合う限り磨いていく。たのぴ〜!
posted by ゆりか at 13:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: