2020年09月01日

落ちるとこに

代表も書いてくれているが、脱力とまっすぐの二点が空体道において身体の可能性を開いてゆく要点だ。この二点を結ぶのは重力。重力は落ちる動きに理解がしやすい。落ちるべきところに落ちきった体はまっすぐである。その体には安定と変化が融合する。

落ちて行こう、あなたと共にどこどこまでも。古いラブソングなら「あなた」ですが、空体道なら「あたし」と共にだな。落ちきったあたしに巻き込まれるのよ投げられるの打たれるのよあなた。(妄想による古いラブソングのつづき)

筒井康隆小説のスラプスティック(ドタバタ)について今朝代表と話していたので、より脳内が散らかっております。
posted by ゆりか at 13:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: