2020年09月08日

絶望組手

組手で絶望することがよくある。代表や黒帯仲間やその他様々強い方を前にして、全力で色々試してもどーにもならない、という現実を文字どおり肌で感じるとき、絶望する。この絶望は、経験するほど学びが深まる。人間生きていて、脳内で絶望することはあっても体で絶望を知る機会はそうそうない。本当に手も足も出ないと体感すると、悪あがきを止めて力みが消えてくる。

もーーーー、無理っす・・・

諦めて結果を受け入れると、相手の技や重さや様々な体験が体に通る。諦めないうちは、拒絶するから相手の情報を十分に受け取れない。私は絶望するほど賢くなる。昨晩も組手稽古映像を見て、画面ごしに味わっていました笑

さあー今日も絶望を糧に生きるぞー!
posted by ゆりか at 09:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: