2020年10月28日

本当に馴染む

型練習はなんのためにあるのか、長年人に聞けずにわだかまっていた問いに、代表は明確に答えてくれた。

代表の武術が空体道へ昇華していき、型の意義は問うまでもなくより明らかになった。そして型に、武術に本当に体が、心が馴染んできたのを感じている。武術は「練習するもの」ではなく、体に備わるものだと。

かっちょいいこと書きましたが、あくまでも以前の自分と比較しての実感です。「さあ、今から練習開始!・終了!」ではなく常にある。心にも体にも。

そんな心身がたまらなく居心地よい。ああアイラブミーが止まらない。

では、レッスンへ参ります。
posted by ゆりか at 13:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: