2020年11月21日

純粋な善

先日まで第一シーズンをNHKで放映していたが、つづきをNetflixで観ているドラマ「アンという名の少女」。モンゴメリの「赤毛のアン」を原案に、現代に通ずる人や社会や生き方にまつわる様々な問題を、多角的な解釈で描き出すオリジナルドラマ。赤毛のアン原作や、ドラマに登場するイギリス文学「ジェーンエア」を読み始め、また更に感慨深く思う。

抗いがたい現実的な人間の悪と同時に、ドラマの根底に流れる純粋な善なる心と美しい自然の描写には心打たれずにいられない。アン役の娘の見た目の絶妙と演技力、他キャスト全てがいい。

夫婦で繰り返し見ては語り合っている。

読んで字のごとく心が洗われる。モンゴメリの原作に対して「ダークアン」とか「裏・アン」と言われ評価されているらしい。

生き方に影響するほどの、良きドラマシリーズですな。

会員さんとの会話でなるほどと思ったが、推薦されて拝読したフォレスト・カーターの素敵な児童文学「リトル・トリー」に通ずるものがある。またこちらも再読したい。

https://www.nhk.jp/p/anne/ts/37R5MJZ1WZ/

posted by ゆりか at 13:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: