2021年03月06日

東天の獅子

1615004915061.jpg夢枕獏の東天の獅子、おもしろいわあ。講堂館柔道の創始者、嘉納治五郎を中心に、史実を交えて描かれる武道小節。武道家とはかくあるべし、という寡黙で慎重で努力家で一本気なかっちょいい男達がたくさん出てきます。戦いやそのなかの心理描写が実にシンプルかつ的を射ていて、わかるわあ〜、と、私も達人集団の一人になった気分で爽やかに読み進めています。

揃うのに時間がかかったので餓狼伝、餓狼伝外伝、東天の獅子、獅子の門、ゆうえんち、と同時進行で読んでいて、脳内が漠ワールドに満たされています。

やっぱ武道っていいな(о´∀`о)あたしの人生には絶対必要欠くべからざるものです。
posted by ゆりか at 13:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: