2021年07月27日

変わる形

腰を落とした立禅をしていると、手の位置や足の裏の重心、背骨の湾曲、股関節と臀筋のあんばい、色々と以前と変わってきている。時間経過と共に、体がよろしくよしなにやってくれているらしい。自動調節ですね。

以前は形も含め、どんな人間にも共通の絶対真理があると思っていたが、脱力による重力調和という真理は、人それぞれ、状況それぞれに応じて顕れるものかもと今は思う。

お体に不具合がある方が多いレッスンほど、形にこだわらず、体に任せてと繰り返し言うようにする。個性や不具合を無視した真理など、たんなる強制、拷問だ。人間にはそれぞれにいいありかたがあるのだと、ようやく理解している。

でも面白いのは、体に任せてと強調したときほどみんないい形になること。体は知っているのだな。

ありがてぇ
posted by ゆりか at 13:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: