2022年01月24日

威力

脱力の打撃は、見た目に威力がわかりにくい。ただ出しただけに見える拳や掌に、すさまじい重さが備わっているとは思えないのも当然。だからこそ本能的防御反応が遅れて余計に効く、ということもあるくらいだ。

とはいえ脱力途上の突きは、突いてる側も不安でいっぱいだ。こんなんじゃ効かないだろう、いつになったら効く突きができるのだと内心不安な時もあった。

が、未熟ながら近年は自分の突きに備わる威力が多少わかる。判断基準は一人で突く時の重さ。ある程度の脱力とある程度の全身連動、ある程度の立つ力(当たった反動に対しての立つ力含む)から突きがでている。わかるぶん、組手などではその脱力の突きが出せていないのもわかる。

相手の自由な攻撃に対応しながら、様々な変化の中で出す突きはまだまだ力む。

ムズいっす。
posted by ゆりか at 10:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: