2022年08月09日

形も

組手競技、形競技で大会成績をとってきた後に代表に出会って何もできない自分に絶望して以来、今になってルール通りに体を動かすことの意味もわかるようになった。だから一時期否定したくなったあの頃の自分を今は認めている。

慣れないじー子ちゃんの運転にしろ、片付けや調理や荷物を運ぶとかあらゆる慣れない動きが慣れる過程で形が身に付いていく。形だけでないのは洗練された後であり、形を大事にするのも意味があるのだなと再認識。空体道の形は複雑ではなくごくシンプル。形ができるようになるほど応用がきくように作られている。

難しいのは形を大事にしつつも形に囚われないこと。様々な人生経験がまた逆に武術を違う視点から見つめるきっかけに。ありがたし。
posted by ゆりか at 09:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: