2022年09月25日

イメージが邪魔する

自主練習合間の小休止。脱力により重さが発生したり、悟られにくい技ができたり、楽に動けたりする際に、そうなるだろうとイメージする形や動きをしようとしないときに実現する気がする。思い込みが脱力をどれだけ邪魔するか散々経験してきたが、やはりまだやってしまう。

イメージは大事だが、既存のイメージがなにより邪魔するのもたしか。でも自分の中にあるものしかイメージできないなら常に既存になるよな。だから先生の動きを見たり体験するのが大事なんだな。

イメージはただ力を抜くぼんやりしたものに留めて、また先生のイメージをぼんやり浮かべて、そこから生じる現象や形に囚われないことだと最近実感。自主練習も、ただ力が抜けるといいなと思いながらやっています。

力が抜けるとこうなるだろうという期待は手放す。いろんなものを手放すのは身軽になっていい。
posted by ゆりか at 18:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: