2019年11月19日

限定しないから

目的を持つとは、ある意味限定すること。目的以外を排除することを意味する。

空体道の型は、一つ一つの動きをいかに応用できるかを重視するから、この型は打つため、これは蹴るため、これはこういう崩し技のためと限定することなく、目的なく動くことが大切。

打つためと目的を限定するほど、他の可能性は失われる。千変万化の自在さを得るには、曖昧である方がいい。

目的を持たないと不安な人もいるかもしれないが、不安とすら調和しよう。

不安よし、曖昧よし、無目的でよし、その中でただ動く。

本日は曖昧に動いてきます。
posted by ゆりか at 13:45| Comment(0) | 日記

2019年11月18日

動いているところは

動いているところを動かしているのはその部分そのものではない。

足を振っているのは振っている足ではないし、打ち出す拳を打ち出すのは拳自体ではない。

体を動かしているのは意識だし、意識を変えるのは体なのかもしれない。

全体として存在していることを体感する。

ありがてぇ。

健康法レッスンの最後に、今日も頑張ってくれた体に感謝を込めて全身に触れる、手が届かない場所には気持ちを伝える、という収功をやる。様々な病を持つ車椅子の男性が、

これが好きなんだ。昨晩も寝る前にやったよ

と話してくれた。

素晴らしすぎます。

私がいられるのは皆さんのお陰なのだとまた痛感する。すぐ我が出てきて暴走するけどm(_ _)mしみません
posted by ゆりか at 10:17| Comment(0) | 日記

ずれるまっすぐ

昨日の稽古にて。まっすぐの体でいることの可能性をまた感じました。回転を伴う崩しをやる際に、少しでも胸と腰がずれると、効きが半減する。

形ではなくまとまりとしてのまっすぐが通ると、全身は一体として能力を発揮する。

意識してるつもりですが、より繊細にやらねば。

先日温泉で体重計に乗ったら、予想に反して増えていました。体のバランスが変わり、全体としていいなあと思っていたのでまさか増えていたとは。

ようやく最近、全体のバランスが整ってきてこの体重なので、このままの体型で40代を貫くかと。胸が「胸板」と表現したい次元になってきているのもご愛敬。

本日もまっすぐレッスンです!
posted by ゆりか at 09:19| Comment(0) | 日記

2019年11月16日

重さの歩き方

夫婦でよく行く焼き肉バイキング店にて。何度も食べ物の皿を持って往復するので時おり互いに歩き方に注目してしまう。お腹も膨れてきた中盤以降、ふと異質さを感じて通路に目をやると、重さが歩いている。歩く振動と全身の連動で体のすみずみが自然に流れを生じ、生命が躍動する。

なにより確かに体重を感じる足と床。肉体を超えて空間を感じる重さの歩み。

素晴らしい歩き方です、と伝える。

別に分析しようとしてるわけではないが、重さの通る立ち方や歩き方が視界の端にでも気配で感じると、目を向けてしまう。

バイキング店でも重さは変わらないのです。

んまかったす

今日もにゃんばろー!お〜!\(^o^)/
posted by ゆりか at 10:47| Comment(0) | 日記

2019年11月14日

腰より胸が

体の動かしかたには各人に癖があり、その癖がその人の体を形作る。

これまでも様々な癖に気がついて手放してきたが、最近、腰より胸が動かないことに気づいた。何をするにせよ、より動きやすい腰回りが先んじてしまう。

ちなみに、今の武術を初めて最初に激変したのが腰痛の喪失。長年あんなに苦しかった腰痛がなくなって久しい。このことからも、腰が動き始めたのが早かったのがわかる。

今、腰と同じくらい胸回りが緩むよう心がけている。肩凝りや喘息がなくなったのも変化だが、もっと動きが改善するのもわかる。

体質変化と武道の高まりが一致するのがいい。重さが漏れなく増すほど、体調もよくなるのだ。

さて、午後からもいってきます!
posted by ゆりか at 13:17| Comment(0) | 日記