2019年10月05日

体がぽかぽか

立禅をすると体がぽかぽかする。以前に増してそう感じる。特に空法や自由舞や対人稽古をしたあとにやるとブワッと汗が吹き出る。

私の場合その他鼻水が止まったり呼吸が楽になったりお腹が温まるなど体に反応がでる。

癌細胞の発生や増減にも血流や温かさが関係しているらしい。なったらなったで仕方ないが、防げるなら防ぎたいもんですよね。

なんか色々良くしてくれてありがとう、空体道。

空体道に対して親バカ丸出しです(*^^*)いい子いい子〜
posted by ゆりか at 13:40| Comment(0) | 日記

2019年10月03日

棒からの伝言

今晩も、稽古前自主練習にて、棒に遊んでもらっていました。長い杖、中間の杖、また短棒2本。

それぞれ空法通りの型練習と、対練も想定して動いていますが、決まった形はそれなりにして、いかに自由に棒と動けるかを重視しています。

棒との付き合いも長くなってきていて、気持ちが通いはじめています。動いていると自然と「こうしたらいい」と教えてくれる気がします。その情報をもとに、色々と気付きがありました。

棒にしろ体にしろ、こうしようとして動くのもいいが、動きそのものを味わうことが大切。時間をかけて経験を重ねていき、次第に棒や体がくれる伝言に耳を傾ける。

何よりの喜びです。今日ふと、死に際にこの棒を持ってるかもな、と想像してニヤケました。

明日も体からのメッセージに耳を傾けます(*´∀`)
posted by ゆりか at 22:36| Comment(0) | 日記

2019年10月02日

何事もゆっくり

ゆっくり動くことで、体を感じる。普段無意識に行われている身体活動が、ほんのすこし味わえる。

実はゆっくり動くことで、体の奥深くから筋肉は活性化する。

私たちを根本から支える力になる。

今日から開始するレッスン、行ってまいります\(^o^)/
posted by ゆりか at 13:58| Comment(0) | 日記

立つことに内包

立つことに全てが内包される。体の緊張と萎え、歪みと重心、全身のバランスの癖が立つことに表れる。

下半身が力んで上半身と分断して立つ人は、型でも対練でも体がバラける。

肩が力んで重心が上がる立ち方をする人は、腕力で技をかける傾向にある。

全身が力んで立つ人は、対練においてフリーズしやすい。

私は肩の内旋が強く、かつ腰の緊張が強いタイプだった。強い力みと萎えが共存してバラバラだった。

安定しながらも変化できる全身の動きは、立ち方から養う。空体道の空法は勿論、その前の操身法は何をしているときも立禅である。立つ力なしには動けない。

さて、本日から新たなレッスンがまた開始です。

まずは太極拳から\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:12| Comment(0) | 日記

2019年10月01日

空体道の構成

ふと頭の中に浮かんだのですが、空体道はこのように構成された武道です。

空体道を空体道たらしめる要素

1思想
2技術
3体の使い方

1思想
年齢、性別、運動能力に関わらず生涯高め続けられる。自然と調和する心身を目指す。


2技術
接近戦から中間、遠距離全ての間合いに対応し、打撃、投げ、崩しを自在に用いる。対武器、対多人数に対応する護身術。

3体の使い方
脱力により重力と調和することで、各々の体格条件を補い、且つ活かす力の用い方を身につける。歳を重ねても衰えにくい、体の構造に沿った動きを養成する。


上記三点の習得と体現のため、型と対人稽古を行う。動きの質を向上させるために全ての稽古がある。

と、まとめると何ともシンプルかつ矛盾や破綻のない武道だと思う。健康法レッスンも、名称は各施設で様々ですが基本原理は以上になる。

今は言葉にできるが、学生時代からぼんやり描いていた理想の武道が空体道なんだな。

本当に大好きな武道です。9月は創始記念月でした。また新たなスタートですね。ここのところ皆さんの成長が著しく、毎日各地で感動しています。

今晩も成長期(実年齢は私よりずっと上)の皆さんと楽しく動いてきます!
posted by ゆりか at 19:31| Comment(0) | 日記