2021年04月09日

信じるというか

武術を長年やってきて、代表や仲間たちから教わること、自主練習で気がついてきたこと、自分と向き合い続けてきた時間が、自分を信じる、という気持ちにつながるのだなと思う。大好きな空手漫画の「なつきクライシス」にもあるよう、自分を信じることが自信なんだな。

偉そうにするとか優越感とかとは違う、居心地のよさだ。アピールも称賛も必要ではない。

自信がまた、脱力を深める別の原因になる。はじめから自信なんかあるはずなくて、自信あれば脱力できるとは言えないが、稽古時間の集積がそうさせるのだろう。

今の自分が非常に心地いい。また、それはこの先更新され続ける。

本日も脱力三昧です。
posted by ゆりか at 09:39| Comment(0) | 日記

2021年04月06日

前後に動きたい

自主練習は体の欲望に従って内容を決める。

止まりたいのか、動きたいのか、ゆっくりがいいか、ごくゆっくりがいいか、速いのがいいか、まわりたいか、型をしたいか、自由にやりたいか、等々

今はわりと前後に動きたいらしい。横にいきたいときもあるし、斜めもある。が、今は前後がオツ。特になんだか前後手がしたい、延々と。

あ、わかった。先日の重さで押す対練で不足を感じたせいかもしれない。前後を高めたいッス、前後が攻防の基本ッス、と硬派担当の私が言っている。

前後手は単純な動きだが、強力に抵抗されるとまだ立ち方が保てない。まだまだ前後手自体ができていないと同義。

やるッス。

仕事つながりの知り合いのサッカー部出身の青年は、部活用語なのか、何を言っても

あッス
えッス
うッス
ざッス

等と返答する。何かの略なのだろうが、なんかうける。多分ざッスはありがとうございますだろう。他はわからん。真面目な子なので自尊心を傷つけたら悪いなと配慮し、笑わないよう気を付けている。が、笑いたい・・・・

えッス

って・・・・笑
posted by ゆりか at 13:43| Comment(0) | 日記

2021年04月05日

縄跳び

苦手な家事に真摯に取り組んでいると、縄跳びの記憶がよみがえった。

高校時代、北海道の空手の強化合宿に参加した際、縄跳びトレーニングの重要性を教わった。今と変わらず馬鹿にまっすぐなところがある私は、合宿から戻って度々家の前で縄跳びトレーニングにいそしんだ。学校と部活を終えてからなので辺りは真っ暗。真っ暗闇で縄跳びに尽力する己に軽い陶酔をおぼえていると、当時大学生の姉が、今の夫である恋人の車で帰宅。

恋人と帰宅して妹が暗闇で汗だくで縄跳びしてる光景はいささかシュール。姉からあきれ顔をされたのは一度や二度ではない。そんな姉夫婦&娘達一同とは今も仲良しだ。

本日は一念発起し、わたくしめも頑張ってゴミを出し、掃除をし、料理を何品も作りました。

やればできるぞ。
posted by ゆりか at 15:18| Comment(0) | 日記

私の更正

ある非行少年の更正に関する本にはこう書いてあった。個人的意訳だが非行少年が人生を変えるには二つの要素が必要で、ひとつは自己への気づき、もうひとつは向上の喜びを知ること。

武術を深めるなかで、自分に今ある能力を知り、どの練習がどう不足を補うのか、練習内容の理解が大切。練習体系がきちんとしていれば、ただなんとなくやっていても時間をかければ向上するが、意識的にやったほうが到達点は比例して高まるし、進化速度が速まる。

自主練習と稽古を重ね、感覚が磨かれるほど自身の向上は明確に理解できる。向上を理解するほど課題もわかる。

上記の非行の更正にぴったり当てはまることを鑑みるに、人生すべてに内面がやさぐれていた私が、体質から生き方まであらゆる面で更正したのはこういう理由だったらしい。

中年になり、今の武術に出会っていなかったらと昨晩ふと想像したら恐ろしくなった。身体の健康も精神状態も劣悪、そのため自由な職業を選択した負の部分を一気に体現して生活も困窮していたかもしれない。

現状のありがたみをまた深く感じ入るのでした。まじありがて〜( T∀T)
posted by ゆりか at 09:56| Comment(0) | 日記

2021年04月03日

更衣室にて

体育館更衣室にて、見知らぬ年上女性に声をかけられた。私は今から道着に着替えるタイミングで、いわゆる半裸。女性はシャワー後らしく髪を乾かしセットしている。

なにをしてらっしゃるの?

雰囲気から、なんのスポーツ、運動をしているのかとの質問。

武道です

と答えると

やっぱり〜、全身使うんでしょう?

と重ねてくる。二言三言交わして女性はお先に〜と、ひらひら出ていった。

「やっぱり」とは、道着に着替える前の半裸の私を見て、ただならぬ体つきを感じ取ったのか。服を着ていてすら、体がすごいとチラホラ言われる。確かに筋肉のつきかた、バランスが一般女性とは違ってきた。

昔「脱いだらすごいんです」というエステのCMがあったが、脱力の武道により活性化を続ける体は、脱いでも脱がなくてもすごいらしい。

これもまたひとつの可能性の体現なり。
posted by ゆりか at 22:42| Comment(0) | 日記