2020年07月28日

思いを越えて

最近のレッスンでは、開始15分ほどでだらりと脱力の重さが増してくる。腕や胸や背中、そこよりは脱力加減が劣るが腰や足がだらりと重くなる。

「体が思い通りになる」を越えて脱力する。思い自体が力みを生む可能性をはらむので、思いを越えた重さが素敵に愉快だ。

思いより重い、がいい。

やだあ、なんかいい感じに文が収まったわあ。思いを越えて指が動きましたな。さすがあたしの親指。
posted by ゆりか at 13:17| Comment(0) | 日記

2020年07月25日

本日の課題

今から自主練習に入ります。本日の課題は形意連環拳の進歩・退歩崩拳においてまっすぐが消えないこと。あとはとにかく力を抜きます。心身からあらゆる力みや囚われを減らすべく。

よおぉーし!まずトイレいくぞ!
posted by ゆりか at 17:12| Comment(0) | 日記

2020年07月23日

試してみた

昨晩稽古でも学んだ、相手に合わせた動きによる崩しを、組手でも試してみました。こちらも相手に合わせられるよう、いつも以上に歩法が滑るよう、体が変化するよう微妙に動き続けます。相手が自ら動きすぎてバランスを崩すのと、こちらの動きが一致したときにかかります。

何度かその感触がありました。流れのある動きをする相手には、より感じやすかったです。

ただ、わたしも動き続けるので、勘がいい相手なら逆に私の動きすぎの虚をつかれるなあという気もしました。案の定、代表にはそこを全て見抜かれ崩されました。歩法が動き続けても変わらない、重さによる安定の大切さを改めて感じましたね。
posted by ゆりか at 04:47| Comment(0) | 日記

2020年07月22日

妄想と恍惚と代表

昨日の気功体操レッスンは、かなりの恍惚を伴った。武道をやる身なので、脳内の錯覚を現実と混同しないよう心がけてはいるが、わかっちゃいるけど気持ちいい。

一言でいえば「解放」です。体のすみずみが萎縮とは正反対の解放に向かっている。それはまるで体が粒子となって拡散するようであった。代表に

じゃあ、その感覚を俺に試してごらん

と正面に立たれたとたんに、この恍惚が武道の実力と完全には一致しないことを思いしらされ、また真摯に稽古に励むのです笑。私の妄想をこうして何度も壊して頂きました。

でもありゃあ気持ちよかった( ´∀`)今日も近いものがあったなぁーー

夜の稽古&稽古前自主練習に備えます!
posted by ゆりか at 13:57| Comment(0) | 日記

来月の練習予定

来月も今月と同様、水曜が中島体育センター、土曜が西区体育館となります。基本的には五週目がお休みになるので今月水曜五週目、来月の土曜五週目はお休みとなります。

暑いのも来月いっぱいでしょうかねーー(⌒0⌒)/~~
posted by ゆりか at 10:00| Comment(0) | 日記